キーワード

中国における有効な発明特許は登記によりカンポージアでも効力を生じる

新闻吹风会现场

今回、中国の発明特許(中国特許)をカンボジアで登記することで、カンボジアでの効力を発生できるようになった。

  

3月2日、国家知識産権局(SIPO)の副局長は、有効な中国特許について、カンボジアでも効力を発生させる申請する業務を間もなく受理することを明らかにした。

 

これによれば、2003年10月22日以降にSIPOに受理され特許権が授与された現在有効な中国特許は、カンボジアでの効力を発生する資格を備えている。

 

発表によると、中国の有効な発明特許の権利者は、カンボジアの工業及び手工業部に上述の登記手続を申請することができる。カンボジア側では、形式審査に合格した中国特許について、すぐに特許証を発行することになる。これにより、中国特許と同一の特許についてカンボジアで直接効力を発生させて保護を受けることができ、しかも中国の特許権と同一の出願日及び保護期間(中国の出願日から20年)を享有することができる。

 

Copyright © 2016 嘉権特許商標事務所 All Rights Reserved. 粤ICP备16000884号